障害/障がい/障碍 どの表記が適切か?

バリアフリー基礎知識

先日、障害者支援の仕事を始めた知人から、以下の相談がありました。

仕事で「障害者支援」という言葉を使用していたら、

「障害」ではなく「障がい」を使うべき! との指摘・叱責を受けた。どうすればいいのだろう?

という相談でした。

その時、私は「あー、またかぁ。。。」と思いました。

この表記問題。バリアフリーや障害者支援の仕事をしている人なら、おそらく誰もが経験している事案だからです。

元来、私はこのような形式的議論は余り好きではないですし、興味も薄いのですが、この問題で悩んでいる人も結構多くいるので、今回はこの表記問題について考察したいと思います。

また、この表記問題は「障害」「障がい」だけで語られることが多いのですが、ここではもう一歩踏み込んで「障害者」「障害をお持ちの人」「障害を抱える人」という表記の問題にも言及したいと思います。

なお、今回は「障碍」については他の2つに比べて使用頻度も知名度も著しく低いため、今回は除外します。

障害? 障がい?

最近、「障害」ではなく「障がい」という表記が増えてきています。

「障がい」を使用する理由は、

・「障害」の「害」という文字は「害悪」を意味する。なので「障害」を持つ人を傷つけ、差別を助長する。

・「障がい」とした方がソフトなイメージになるので何となく。。。

というものです。

この「障がい」表記に対しは以下の批判があります。

・「害」の意味を考えるなら、「障」の意味も考えなければならない。「障」は「差し障りがある」という意味だから、その理屈からすると「障」も平仮名にしなければならず「しょうがい」と全て平仮名表記になってしまう。しかし、それは余りに変だ。

・「障がい」という表記はなんかイヤだ。理屈を超えて(感覚的に)違和感がある。

・配慮すべきはそこではない。見当違いの配慮は、かえって障害当事者に嫌な思いさせる。

因みに、乙武洋匡さんも「全て平仮名になって変だ」という主張をされています。

「障害」を「障がい」と表記しておけばいいだろうという安直さにドロップキック。|乙武 洋匡|note
【全文無料】 「ドロップキックできないじゃん!!」というツッコミはさておき。 昨日は、ここ数年、見聞きするようになった「セクシー女優」という言葉への違和感と、現役AV女優である紗倉まなさんが、それについてどう感じているのかをお伺いした内容を記事にしました。 紗倉さんのお話を聞いて、あらためて「AV女優...

行政やNHKの対応

行政やNHKは「障害」と表記しています。

もう少し掘り下げると、文部科学省は「議論の先送り」をした上で、とりあえず「障害」を使用しています。

 「障害」の表記については、「障害」のほか、「障がい」「障碍」「しょうがい」等の様々な見解があることを踏まえ、障害者の「者」にあたる部分の表記の在り方も含め、推進会議としては、今後とも、学識経験者等の意見を聴取するとともに、国民各層における議論の動向を見守りつつ、それぞれの考え方を整理するなど、引き続き審議を行う。

文部科学省 ホームページ
第3 障害者制度改革の基本的方向と今後の進め方:文部科学省

NHKは言葉を扱う機関であるため、この点について調査をしています。

それによりますと、

◆「障害」という表記について

抵抗感はない 81%

抵抗感がある 17%

◆「障がい」という表記について

抵抗感はない 77%

抵抗感がある 21%

私はこの調査の内容(調査対象や調査方法など)を詳細に検討していませんが、この調査結果をみる限り、それほど大差ない数字が出ています。なので、NHKは従来通り「障害」という表記にしています(詳しくはNHKの調査報告書を御覧ください)。

以上のことから、行政やNHKなどの公の機関では、いまのところ「障害」表記が主流です。

Twitterでの意見交換

以前、私はこの表記問題に関し、Twitte上で他のユーザーの方々と意見交換をしたことがあります。

そこでは、上記のような議論もありましたが、私が一番納得したのは以下の意見でした。

・どちらが正解ということはない。

・言葉の問題ではない。大切なのは「その言葉を使う人の気持ち」

・しっかりとした信念や理念があるなら、どっちを使ってもよい。

結論(私の場合)

私は「障害」という表記にしています。

その理由は、「障がい」表記に対する以下の意見に賛同しているからです。

・「障がい」という表記には、理屈を超えて(感覚的に)違和感がある。
・配慮すべきはそこではない。見当違いの配慮は、かえって障害当事者に嫌な思いさせる。

また、古くから使用されている「障害」という表記の方が、受け手に伝わりやすいという現実的な理由もあります。

ただし、私は「障害」が正解だと言っているのではありません。

どちらを使用しても良いと思っています。

つまり、敢えて正解・不正解を言うのであれば、Twitter上で述べられた以下の意見が正解だと思っています。

・言葉の問題ではない。大切なのは「その言葉を使う人の気持ち」

・しっかりとした信念や理念があるなら、どっちを使ってもよい。

バリアフリーや障害者支援を仕事にする方へ

これまで述べてきた通り、私の結論は「どちらでも良い」です。

ただ、バリアフリーや障害者支援を仕事にする方は、一度この表記問題をしっかりと考えてみることをお勧めします。

あまり深く考えず「何となく」どちらかを使用していると、批判を受けたときにアタフタしてしまい、信念が欠如している印象を与えてしまうからです。

「どちらも正解だと思う。ただ、私は〇〇な理由により、この表記を使用しています。」と信念を持って相手に伝えれば、きっと理解してくれる筈です。

私に相談してきた冒頭の知人も、そのことをしっかりと考えた上で相手に伝えたら、その方は理解してくださり「今後も応援します!」と言ってくださったそうです。

表記問題その2:「障害者」「障害をお持ちの人」「障害を抱える人」という表記の問題につづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました