コンサルタント紹介

本郷隆之

NPO法人 日本障害者アイデア協会 理事長 

バリアフリー&ユニバーサルデザインに関する【技術・アイデア】に特化したコンサルタント

〜20年の特許実務と、2000人の高齢者のお尻を洗った介護経験と、21年間の知的障害者育児経験とを併せ持つ男〜

経歴

・1965年東京に生まれる。法政大学卒業後、都市銀行のシステム開発の仕事を経て、特許・商標などの知的財産の仕事に従事。

・長男が障害を持って産まれた事を機に、障害者との交流が始まる。障害者が様々なアイデアを駆使して、「出来ないこと」を「出来ること」に変えている姿に感銘を受け、障害者の独自の視点から生まれるバリアフリーアイデアの研究を始める。バリアフリーアイデアの斬新さと、バリアフリーアイデアが社会全体を豊かにしていることを知る。

NPO法人設立

・2012年、バリアフリーアイデアを社会に役立てるためにNPO法人を設立。

・多数の障害者や支援者、介護ヘルパー等と交流し、バリアフリーに関する独自のネットワークを形成。

・自らも高齢者デイサービスで3年以上の介護実習を受け、延べ数千人の高齢者の介護を経験。高齢者施設で高齢者のお尻を延べ2000回洗った経験を持つ。

・知的障害者スポーツを推進する認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・山梨の理事も務める。

実績等

・株式会社JTB、株式会社ニチレイ、ぴあ株式会社、築地ロータリークラブ、商工会議所(港支部)、朝日カルチャーセンター、東京都台東区、山梨県韮崎市・北杜市など講演多数。

・世界的な調査会社や大手輸送会社等のバリアフリー調査にも協力。

バリアフリー授業

・東京都教育委員会が実施する「オリンピック・パラリンピック教育支援プログラム」に対し、2つのバリアフリー授業を提供。都内小学校において、数十回の授業を実施。延べ千人を超える小学生にバリアフリーの大切さを伝えている。

タイトルとURLをコピーしました