バリアフリー授業

バリアフリー授業(教育)の具体的内容 みんな同じ…障害者は特別な存在ではない

「心のバリアフリー」を啓発する2つの出張型(出前型) 〜障害者理解促進のための教育・研修活動〜 当協会では、以下の2つのバリアフリー授業・研修を提供しています(「東京都教育委員会 東京オリンピック・パラリンピック教育支援プログラム」採用...
コンセプト

新商品開発における【アイデアの作り方】 ライター編

アイデアを無限に生み出す方法 ・新商品を開発したいが、アイデアが見つからない。 ・新規事業を立ち上げて成功させたいが、アイデアが見つからない。 そんな方に【アイデアを無限に生み出す方法】をお伝えします。 動画解説はコチラ↑ ...
コンセプト

電話機はバリアフリー目線から生まれた

皆が持っているスマートフォン。今では生活必需品となり、スマートフォン依存症なる病が話題となる程です。 スマートフォンの原型といえば電話機。 そして、電話機を発明したのは誰もが知っている「ベル」です。 アレクサンダー・グラハ...
コンセプト

地方への移住体験記 障害児(家族)を連れて都心から八ヶ岳に移住 〜仕事・環境変化への不安などについて〜

今回の記事は、前回の記事(障害児を授かったお父さん、お母さんへ 「私は息子の障害を受け入れて楽になりました」)の続きです。 前回の記事は、障害児を授かり不安でいっぱいだった私が、息子の障害を受け入れ、幸せの再定義をしたことにより、気...
コンセプト

障害児を授かったお父さん、お母さんへ 「私は息子の障害を受け入れて楽になりました」

このページをお読み頂きありがとうございます。 今回はバリアフリーアイデアの話から離れ、私の経験・体験談を話してみたいと思います。 障害児を授かった。ショックで不安だ。 もしかしたら、今そう思っている方がいるかもしれません。そんな方...
商品開発

高齢者がトイレを流し忘れる4つの理由&流し忘れを防止するアイデア

「トイレの流し方」にバリアフリー目線を トイレを流し忘れる。マナーとしては最低です。 しかし、高齢者施設では特に珍しいことではありません。   私は毎週高齢者デイサービスで介護のお手伝いをしていますが、トイレの流し忘れは頻繁に起...
バリアフリー基礎知識

障害者/障害のある人 どちらが適切か?

今回は、前回の記事の続きです。 前回は、「障害/障がい/障碍 どの表記が適切か?」という記事でした。 結論を要約すると、 どの表記でも良いけど、その表記を使用する前に、なぜそれを使用するのかを自らしっかりと考えて、信念を持って使用...
バリアフリー基礎知識

障害/障がい/障碍 どの表記が適切か?

先日、障害者支援の仕事を始めた知人から、以下の相談がありました。 仕事で「障害者支援」という言葉を使用していたら、 「障害」ではなく「障がい」を使うべき! との指摘・叱責を受けた。どうすればいいのだろう? という相談でした。 その時...
ホスピタリティー

ディズニーランドのバリアフリーアイデア 〜障害者の行列待ち負担を軽減する配慮〜

バリアフリーホスピタリティ 〜ディズニーのアトラクション編〜 今回のテーマは、行列に並ぶお客様に対する「おもてなし術」です。 テーマパークの人気アトラクションには、ながーい行列ができます。 長時間待つのは誰でも苦痛。心身に障害...
バリアフリーグルメ

バリアフリーグルメ 〜高級和牛・フォアグラ・ウニを使った高齢者食・介護食〜

今回は高級食材を使った高齢者のためのグルメレポートをお伝えします。 高齢者食・介護食といえば「柔らかい」「食べやすい」というイメージがあると思います。 もちろん、それは正解です。 でも、それは一般的な食材を使った日常食が殆どで、高級食材を使...
バリアフリー基礎知識

車椅子が通過する通路には何センチの幅が必要か?

バリアフリー基礎知識 〜通路の幅編〜 今回のテーマは「車椅子が通る際の通路の幅」です。 先日、車椅子が乗り越えることができる段差の限界に関しブログ記事をアップしたが、段差が適切であっても通路に充分な幅がないと車椅子ユーザーは困ってしま...
バリアフリー基礎知識

なぜ、音響式信号機の音だけで横断可能な方向が分かるのか?

【バリアフリー基礎知識】 〜音響式信号機編〜 今回のテーマは「音響式信号機」です。 私がバリアフリーの勉強を始めた頃、視覚に障害がある人が「音だけを頼りに道路を横断する。横断可能な方向を判断する。」というのが、どうしても不思議で、調査・...
タイトルとURLをコピーしました