hongo

バリアフリー基礎知識

なぜ、音響式信号機の音だけで横断可能な方向が分かるのか?

【バリアフリー基礎知識】 〜音響式信号機編〜 今回のテーマは「音響式信号機」です。 私がバリアフリーの勉強を始めた頃、視覚に障害がある人が「音だけを頼りに道路を横断する。横断可能な方向を判断する。」というのが、どうしても不思議で、調査・...
バリアフリー基礎知識

なぜ、段差は「2cm」のなのか? 

【バリアフリーの基礎知識 〜段差編〜】 今回のテーマは「段差」です。 バリアフリーと聞くと、まず「段差の解消!」と思う人も多いかと思います。 車椅子ユーザーや歩行困難者にとって、段差は本当に困りものだからです。 しかし、そう...
バリアフリー授業

バリアフリー授業の風景 アイデア考案授業編

当協会が提供する2つのバリアフリー授業のうち、「バリアフリーアイデアを皆で考えよう!」の授業風景をお伝えします。 授業スタート 授業の開始時点の風景。こんな感じでスタートします。 図や写真・クイズ等を多用して、楽しさと分かりやすさを...
バリアフリー授業

バリアフリー授業の風景 工作授業編

授業のスタート前 当協会が提供する2つのバリアフリー授業のうち、「バリアフリーグッズを作ってみよう」の授業風景をお伝えします。 「タッチペンを工作する」という授業内容に興味津々の子供達。 早く作りたい! タッチペンを使ってみた...
バリアフリー授業

バリアフリー授業の具体的内容 バリアフリーの役割とアイデアの楽しさ

バリアフリーは皆の暮らしを便利にする 障害者も健常者も皆同じ。障害者は特別な存在ではない。その話をした上で、アイデア考案授業では、バリアフリーの役割を伝えるため「ライターの開発秘話」を児童に伝えます。 ライターの開発秘話 ...
バリアフリー授業

バリアフリー授業の具体的内容 諦めない心とアイデアの大切さ

様々なアイデアで幾つもの困難を克服した大山さんの話 授業では、「障害者も健常者も皆同じ。障害者は特別な存在ではない。」という話を児童に伝えた上で、「自ら様々なアイデアを考えて困難を克服した凄い人」の話をします。 下の写真は、SMAという...
バリアフリー授業

バリアフリー授業の具体的内容 みんな同じ…障害者は特別な存在ではない

2つの出張型(出前型)授業 当協会では、以下の2つのバリアフリー授業を提供しています(「東京都教育委員会 東京オリンピック・パラリンピック教育支援プログラム」採用授業)。 バリアフリーグッズを作ってみよう! 障害のある人が考案した「超...
コンセプト

【ビジネスモデル特許の例】クレジットカードのアイデアが特許になるまでの話

小さなアイデアを特許にする方法 前回のブログで「預金通帳の小さなアイデアを特許のする方法」についてお伝えしました。 預金通帳は「物の発明」ですが、今回は、その続編で「IT系の発明(いわゆるビジネスモデル発明)」の話をしたいと思います。 ...
コンセプト

中小企業・個人向けの特許の取り方 小さなアイデアでも大丈夫! 

小さなアイデアで「進歩性要件」を突破する方法 今回は、商品開発やアイデア出しの話から少し離れて、特許権の取り方のコツをお伝えします。 折角グッドアイデアを出して商品を開発しても、他社に真似されては勿体ない。なので、特許権獲得は非常に大...
ホスピタリティー

映画鑑賞を趣味にする高齢者のための上映アイデア

【バリアフリー商品開発支援 〜映画上映編〜】 今回のテーマは「映画」です。   このブログ記事を書いているのは12月。 日に日に寒さが増してきます。 冬になると高齢者は家に閉じこもりがち。 しかし、家に閉じこもってい...
タイトルとURLをコピーしました