バリアフリー授業の風景 アイデア考案授業編

バリアフリー授業

当協会が提供する2つのバリアフリー授業のうち、「バリアフリーアイデアを皆で考えよう!」の授業風景をお伝えします。

授業スタート

授業の開始時点の風景。こんな感じでスタートします。

図や写真・クイズ等を多用して、楽しさと分かりやすさを心がけています。

アイデアテーマの発表

この授業では、予め先生方にお願いして、児童を8つくらいのグループに分けておいて頂きます。

バリアフリーの基礎知識バリアフリーの役割とアイデアの楽しさを解説した後、各グループに考案してもらうアイデアのテーマを発表します。

ケースに応じて、テーマを印刷して発表することもありますが、原則としてモニターに表示させて発表します。

テーマの例や伝え方としては、

・第1グループの人たちは「片手が不自由な人が文房具を使う際に困ることを洗い出し、その困り事を解決するアイデアを考えて下さい。」と伝えます。

・第2グループの人たちは「目が不自由な人が着替えをする際に困ることを洗い出し、その困り事を解決するアイデアを考えて下さい。」と伝えます。

テーマの詳細は当協会のHPをご覧ください。

皆でアイデアを考案するグループ討論の開始

各々アイデア討論を開始します。

和気あいあいと話し合いを進めるグループ、何やら言い争いをしながら討論をするグループ。

ここにも個性が出ます。

目が不自由な人の身になって文房具を使ってみる児童(左)、片手が不自由な人の身になって着替えをしてみる児童(右)。しっかりとアイデアを考えてくれています。

「こんなアイデアなんだよ。」

友達にアイデアの内容が伝わるよう、アイデアの実演をしています。

大人数のときは、体育館などで授業を実施することもあります。

予め配布したアイデアシートに、思いついたアイデアを書き出しています。

アイデアが溢れ、すぐにシートが一杯になり、2枚目・3枚目のシートを取りに来るグループもあります。

またそれとは逆に、なかなかアイデアが出ず、1枚のシートに書くのがやっとのグループもあります。

アイデアを発表

次はアイデア発表です。

グループ毎に全員に前に出てきてもらい、考えたアイデアを発表してもらいます。

堂々とアイデアをプレゼンするグループもあれば、小さな声でボソボソと発表するグループもあります。

講師である私は、子供達が考えたアイデアが「どのようなアイデアなのか」を1つ1つ拾い上げるような感覚で聞くよう心がけています。

各グループが発表したアイデアに対し、私がその都度コメントします。

ここが講師の腕の見せどころ。子供達が考えたアイデアに関するバリアフリー事情や改良アイデアの提案などを行います。

そして、最後に「様々なアイデアで幾つもの困難を克服した大山さんの話」を児童に伝え、質疑応答の後、この授業は終了します。


◆バリアフリー授業の感想、スケジュールやモデルケースについては当協会HPをご覧ください。

◆バリアフリー授業に関するお問い合わせは、本ページの下部にある「問い合わせ」からお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました