高齢者を熱中症から守るリモコンのアイデア

商品開発

【バリアフリー商品開発支援 〜リモコン編〜】

記事の概要

エアコンのリモコンをバリアフリー目線で見直すと、意外な困り事が浮かび上がる。

・その困り事とは? それを解決するアイデアとは?

・高齢者を熱中症から守るリモコンのアイデアについて考察します。

今回のテーマは「エアコンのリモコン」です。

このブログ記事を書いているのは2019年の8月。

真夏の日差しが照りつけ、クーラーなしでは生きていけないほどの暑さです。

この時期に気をつけなければいけないのが「熱中症」。特に、体力が衰えた高齢者は要注意です。

クーラーをつけて、熱中症を回避しなければなりません。そんなクーラーをつけるのに使うのが「リモコン」です。

しかし、このリモコンをバリアフリー目線で見直すと、1つ困り事があります。

さて、その困り事とはなんでしょう?

答えは「真夏に暖房をつける高齢者が後を絶たない」です。

これは皆さんも経験したことがあると思います。私も何度かあります。ニュースや情報番組でも取り上げられるほどポピュラーな困り事です。

この原因は「リモコン操作の複雑さ。ボタンの多さ。」にあります。

これに対し、当然各メーカーも対応していて、ボタンの数を減らしたり、ボタンを大きくしたり…誤操作防止のため様々な工夫をしています。

このような工夫で誤操作を防止できる場合もありますが、それでも防止できない場合もあります。特に、判断能力が衰えた高齢者の場合は、もう一歩踏み込んだアイデアが必要になります。

バリアフリー目線の商品開発ヒント

この困り事を解決するアイデアに関し、ワークショップで話し合ったことがあります。

その際に「リモコンボタンの触感温度を変える」というアイデアが出ました。

「冷房ボタン」には冷たく感じる素材を使い、「暖房ボタン」には暖かく感じる素材を使う。

例えば、最近では真夏に使う寝具に「冷たく感じる素材」が多用されています。冷房ボタンにはこのような素材を使い、暖房ボタンには毛布や絨毯のような起毛素材を使う。

エアコンのリモコン

このようにすれば、直感的にどのボタンを押したか分かるので、誤操作が減ります。コストもかからないグッドアイデアです。

五感と連動させて直感的にする…高齢者ビジネス・シニアマーケットにおいて必要となる着眼点です

ポイント

バリアフリー目線で商品・サービスを見直せば、無限にアイデアが湧いてくる

バリアフリー目線のブルーオーシャン戦略

このようなリモコンはまだ販売されていません。

「高齢者の安全を守るリモコン」とアピールすれば、他社製品と差別化でき、唯一無二の商品になります。

高齢化は我が国だけでなく、アメリカや中国でも今後急速に高齢化が進みます。まさにブルーオーシャン市場です。

ポイント

超高齢化社会…バリアフリーを必要とする高齢者の人口は多い&高齢者は購入資金を潤沢に保有している

バリアフリーはすべての人を幸せにする(ユニバーサルデザイン)

先程も書きましたが、リモコンの誤操作は誰もが経験したことがあると思います。高齢者の安全を守るバリアフリーアイデアは、すべての人の安全をも守るのです。

ご提案

貴社の商品やサービスを、バリアフリー目線で見直してみませんか?
きっと高齢化社会で喜ばれる沢山のアイデアが生まれることでしょう。

当協会では、バリアフリーに関するコンサルティングを行っています。
興味のある方は本ブログの下欄にある「問い合わせ」からお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました