トイレを汚さないジーンズのアイデア

商品開発

【バリアフリー商品開発 〜ジーンズ編〜】

記事の概要

ジーンズなどのズボンをバリアフリー目線で見直すと、意外な欠点が浮かび上がり、そこから新しいアイデアが生まれる。

・その欠点とは? そのアイデアとは?

・超高齢化社会において必要とされるジーンズについて考察します。

今日のテーマはズボンです。

バリアフリー目線で見た場合、このジーンズには1つ困り事があります。

トイレを汚していしまう深刻な困り事です。さて、それはなんでしょう?

答えはファスナーの丈が短いです。

ファスナーの丈が短いと、ペニスの出口が狭くなり、ファスナーの下部がペニスを上に圧迫して尿が思わぬ方向に飛び散ってしまいます。手にチカラが入らない高齢者や障害者は、ペニスの出口を十分に広げることができないのです。

こんな感じ↓

バリアフリーアドバイス

ファスナーの丈を長くしましょう

ファスナーの丈を股の下くらいまで延長すれば、ペニスの出口を容易に広げることができ、尿が飛び散ることがありません。

こんな感じ↓

バリアフリー目線による商品開発ヒント

これから本格化する「超」高齢化社会。心身に何らかの障害を抱える人が急増します。

手にチカラが入らない高齢者は沢山います。

超高齢化社会では、ファスナーの丈が長い【高齢者向けズボン】が必要とされています。

更に、既存のズボンのファスナー丈を延長する【高齢者向けズボンの修繕サービス】も必要とされています。

出口は広く

シニアマーケット・高齢者ビジネスにおいて必要な着眼点です(同趣旨のブログ記事【バリアフリー商品開発 ~シャワー編~】ご参照)。

Point バリアフリー目線はアイデアの宝庫

・バリアフリー目線(高齢者や障害者の目線)で商品を見直すと、意外な欠点が浮かび上がり、そこから新しいアイデアが生まれる。

・バリアフリー目線で商品やサービスを見直せば、無限にアイデアが湧いてくる。

ただし、見た目がダサくなるので、お洒落でさり気ないデザインにしてくださいね。

バリアフリー目線によるブルーオーシャン戦略

現在、ズボンは至る所で販売され、過当競争に陥っています。

各社はデザインを工夫したり、価格を安くしたり。営業努力を重ねています。しかし、他社を圧倒するデザインなど滅多にありません。価格競争に陥ったらそれこそ地獄です。

でも、ファスナーの丈を少し延長してトイレを汚さないズボン。高齢者に最適です!などとアピールすれば、簡単に他社との差別化を実現できます。

トイレが汚れて困っている家庭や施設は沢山あります。

高齢者ビジネスの市場規模は大きく、日本のみならず、これからアメリカや中国でも高齢化が進み、その需要は増加する一方。まさにブルーオーシャン市場です。

Point バリアフリー市場は巨大市場

・超高齢化社会。我が国の高齢者は人口の20%を超え、アメリカや中国など世界中で高齢者が進んでいる。バリアフリー商品への需要は極めて旺盛。

・高齢者は、我が国の金融資産の70%を保有する富裕者層であり、購入資金を潤沢に保有している優良顧客である。

バリアフリーはすべての人を幸せにする(ユニバーサルデザイン)

健常者であっても、トイレを汚す人は沢山います。ファスナーの丈の短さもその一因。

丈の長いファスナーは健常者にも喜ばれます。バリアフリーアイデアは健常者の暮らしも便利にします。

ただし、繰り返しますがお洒落なデザインにすることをお忘れなく

バリアフリー目線の大切さ

ファスナーの丈の長さについて、じっくり考えたことはありますか?

そんな人は殆どいないと思います。

「ファスナーなんてみんな同じ」。これが【固定観念の罠】です。

高齢者や障害者の独自の視点は、固定観念の罠を打ち破る意外なことを教えてくれます。そして、それが新しい商品・サービス開発のヒントになるのです。

障害児療育の現場から

障害児の家庭では、お母さん方が実際にジーンズのファスナーを手縫いして延長しています。

障害児の家族は、このような創意工夫を繰り返して障害児を育てています。

アイデアは不便から生まれる。そして、障害者の身の回りには不便が溢れています。障害者とアイデアとは、実は相性が良いのです。

ご提案

貴社の商品やサービスを、バリアフリー目線で見直してみませんか?
きっと高齢化社会で喜ばれる沢山のアイデアが生まれることでしょう。

当協会では、バリアフリーに関するコンサルティングを行っています。
興味のある方は本ブログの下欄にある「問い合わせ」からお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました