高齢者施設に設置してはいけない洗面台の事例

一歩足りないバリアフリー

【一歩足りないバリアフリー 〜洗面台編〜】

記事の概要

高齢者施設や障害者施設で設置されている洗面台をバリアフリー目線で見直すと、意外な欠点が浮かび上がる。

・その欠点とは?

・高齢者、障害者、介護ヘルパー等の意見をしっかり聞くことの大切さを説明します。

今日のテーマは洗面台です。

社会全体にバリアフリーの意識が浸透し、バリアフリー対応の施設やお店が増えてきました。

写真は車椅子ユーザーに対応したバリアフリー洗面台です。

でも、バリアフリー目線で見た場合、この洗面台は「もう一歩足りないバリアフリー」なのです。さて、どこが一歩足りないのでしょう?ヒントは男性が手で示している場所です。

答えは「排水管に車椅子ユーザーの足が当たってしまい、車椅子ユーザーの手が洗面台に届かない」です。

車椅子にも色々なタイプがあるのですが、車椅子ユーザーの足は意外に前方に延びているのです。なので、中央に排水管があると、足が当たってしまいそれ以上前進できず、屈まないと車椅子ユーザーの手が洗面台に届かないことがあります。

バリアフリー洗面台を設置する際は、排水管に注意が必要なのです。

なお、これならOKです↓

バリアフリーアドバイス

バリアフリー施設を建築する際は、必ず高齢者・障害者・その支援者や介護ヘルパーに意見を聞きましょう。そうすれば、高齢者や障害者も便利に使えますし、設置のやり直しなどのロスを防止できます。

また、足が当たって困るのは洗面台だけではありません。

鉄道の切符販売機、銀行のATM、役場や銀行などの相談コーナーの机、飲み物の自動販売機など、足元を塞いでいるもの意外と多いです。貴社の設備で足元を塞いでいるものはありませんか?一度チェックしましょう。

足が入る空間を作る…バリアフリー市場 ・高齢者ビジネス で必要な着眼点です。

Point バリアフリー目線はアイデアの宝庫

・バリアフリー目線(高齢者や障害者の目線)で商品を見直すと、意外な欠点が浮かび上がり、そこから新しいアイデアが生まれる。

・バリアフリー目線で商品やサービスを見直せば、無限にアイデアが湧いてくる。

ご提案

貴社の商品やサービスを、バリアフリー目線で見直してみませんか?
きっと高齢化社会で喜ばれる沢山のアイデアが生まれることでしょう。

当協会では、バリアフリーに関するコンサルティングを行っています。
興味のある方は本ブログの下欄にある「問い合わせ」からお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました